Home > 製品紹介 > 福富の遊動ヒンジ門扉

施工例

遊動ヒンジ門扉

  • 開閉時、車輪は常に地スムーズに走行します。
  • 傾斜地でも凸凹でも扉の車輪は地について上下しますが、その動きは扉上部支持金具を支点にして、下部遊動金具がスライドすることにより吸収して、扉はスムーズに開閉できます。
  • 扉が上記の様に動きますので高さが低く、大きな開口開き扉には特に最適で、門柱に負担がかかりません。
  • 通常、従来の開き扉に使われていたようなR型のレールは不要です。
  • 長い間使用しても門の先端が下がってしまうこともなく、人が乗ったり、重量がかかっても、ヒンジには無理な負担はかかりません。
施工例

 

内観図 平面図
傾斜地内観図 上り勾配
下り勾配 ヒンジ詳細図
 
ヒンジ部内観図